スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消防出初式に行ってきました(後編)

出初式といえば、はしご乗り。
木やり歌が流れる中、そろいの半纏(はんてん)姿の鳶(とび)伝統文化保存会の方々が入場して、伝統の技を披露してくれました。

はしご乗り1

はしご乗り入場

はしごの高さは7~8メートル位あるんでしょうか?
命綱無しにあの高さは、もう登るだけで凄いと思います。
さらに手も離してしまうんだから、一つ技が決まるたびに拍手喝采ものです。(みんな手袋してるので、あまり音は大きくなかったですが)

続きを読む

スポンサーサイト

tag : 24年消防出初式

消防出初式に行ってきました(前編)

14日に、千葉市の消防出初式を、子供達と共に観てきました。
昨年までは、千葉ポートタワーで開催されていたのですが、今年から蘇我のハーバーシティというところに変わり、私の家から近くなったこともあったので、行ってきました。
ここはショッピングモールも隣接していて、駐車場には事欠かないし、出初式の後にゆっくり買い物も出来るので、何かと便利でした。

出初式場

出初式は9時半開始です。
会場前には、防災の啓蒙を促すテントや、煙体験のテント、地震体験車、消防士の制服を試着が出来るコーナーなどが開かれています。

会場ではパイプ椅子が多数用意されていて、最前列は既に満席状態です。でも、開式ギリギリでも結構前の方(前から6列位)に座れました。
この日は若干陽が出たものの、全体的に曇り勝ちで、また場所が海辺なので、風を遮る物も無い為にかなり冷えました。
マフラー、手袋、カイロ、ひざ掛けは必須ですね。

式が始まると、通路に人が入ってきて立って見るので、観づらい場面もありました。
幾度と無く「通路で立たないでください」の声が上がってましたが、後から来て、通路で立って見るなんて、人の迷惑を考えない人達には本当に困りものです。

続きを読む

tag : 24年消防出初式

遅れ馳せながら、新年の挨拶

新年の喜びを、謹んで申し上げます。

昨年は、地震、津波、大雨といった自然災害によって、多くの被害が忘れられない年となりました。
自然の力を過小に見ていたとは思いませんが、何でも便利になった世の中で、私も含め、心の隙が出来ていた事は否定できないと思います。

その中で、被災者同士や支援者との絆を深め、規律正しい日本人としての性質が大いに発揮、再確認できた事は、これからの復興に望みを持たせる救いであったと思います。

しかしながら、政府が成すべき復興への道筋は未だに立たず、マスコミはアリバイ的に震災番組を組むだけで、まるで過ぎ去った日々のように流し、現状を正しく伝える役割は果たしていないように感じます。

元旦には広範囲にかけて揺れましたが、まるで昨年犠牲になられた方々の「忘れないでくれ」という想いが、地震という形で私達に語りかけていたのではと感じたのは、私だけではないと思います。

私達は戦後、あたかも「考えなければ脅威は無い」かのごとく、脅威について考えない教育されてきました。
新たな年を迎え、あらゆる自然災害、戦争を含めた人災について考えられるよう、またそうした変化の中で、日本が鯉から龍へと変わる年になればと願います。

久々に更新してみた

久々の更新です。
前回の更新が8月なので、4ヶ月過ぎてしまいました。
とはいえ、殆ど見る人もいないブログなので、更新してようが、していまいが世の中には全く影響ないのですが‥‥

ここからは心機一転して、「毎日更新」なんて無理な事は考えず、週に一回程度で更新していくつもりでやっていきます。
これまでは、政治に対して危機感を覚え、「何とかせねば」という想いで記事を書いていたのですが、ブログで書いていても段々愚痴になってくるし時事を追って書くのに時間もないしで、「書くのに疲れた」というのが、書かなくなった原因です。

大した記事も書いてないのに、偉そうなって感じですね。
毎日のように記事を更新されている大御所の方々には、頭が下がります。

あんまり堅苦しくならないように、「大八島の国と共に」生きていく姿を綴っていきたいと思います。

支那(中国)のチベット支配は止まらない

チベット亡命政府選出 新首相との対話拒否 中国「人民代表の資格なし」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110531-00000106-san-int
 【北京=矢板明夫】チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世(75)から政治的権限を移譲されるチベット亡命政府の新首相、ロブサン・センゲ氏(43)が中国当局との対話再開を求めていることに対し、中国政府系ウェブサイトは30日までに、「ダライ・ラマとその周辺者はチベット人民を代表する資格はない」とする論説記事を掲載、対話を拒否する姿勢を示した。

                   ◇

 ダライ・ラマ14世の政治的ポストからの引退に伴い、4月に新首相に選出されたセンゲ氏は、中国からの独立でなく、「チベットの高度の自治」を求める従来の路線を堅持する方針を表明。昨年2月以降中断している中国政府との対話再開への意欲を示している。

 中国国内のメディアはこれまで、一連のチベット亡命政府の動きをほとんど伝えず、静観してきたが、政府系サイト、西蔵ネットは28日に「誰がチベット族を代表しうるか」と題する論説記事を掲載。「「チベット住民による民主的な選挙で選ばれていない」などの理由をあげて、「(センゲ氏らは)チベット人民を代表する基本的な資格すらない」と、亡命政府と交渉する意思はないことを示した。

 中国当局は2008年の北京五輪開催前などの時期に、国内外の圧力をかわすためにダライ・ラマ14世の特使との対話に応じたことがあったが、国際社会での知名度も低く、チベット住民への影響力もほとんどないとされるセンゲ氏の対話要求に応じる可能性は極めて低いとみられてきた。

 共産党で少数民族政策を担当する関係者の一人は「チベット仏教のもう一人の主要指導者であるパンチェン・ラマ11世は中国側に付いており、高齢のダライ・ラマ14世が死去すれば、チベット問題はほぼ解決する。私たちは亡命政府の新首相を相手にする必要はない」と話している。(yahooニュースより)



 支那政府は、一貫してチベット亡命政府との対話を断り続けています。これは国際社会が支那の横暴を見てみぬフリをし続けているからに他なりません。
 もちろん、抗議など屁とも思わない支那中共ですから、血を流す覚悟をもって事に当たらねば、チベットはいつまでも支那の支配下にあることでしょう。

 しかし、政府系サイトが伝えたという、次の一文ですが、
>「誰がチベット族を代表しうるか」と題する論説記事を掲載。「「チベット住民による民主的な選挙で選ばれていない」などの理由をあげて、「(センゲ氏らは)チベット人民を代表する基本的な資格すらない」と、亡命政府と交渉する意思はないことを示した。

 へそが茶を沸かすとはこの事でしょう。次の方がしっくりきます。

「誰が支那を代表しうるか」と題する論説記事を掲載。「支那の他民族による民主的な選挙で選ばれていない」などの理由をあげて、「(センゲ氏らは)支那人民を代表する基本的な資格すらない」と、中国共産党政府が交渉する資格はないことを示した。

 日本も数年後にはチベットのようになりかねません。
 先日は、売国首相菅直人が引き連れて、まるで下見のように被災地へ赴いています。

 いまだに拡張主義を続けている国が隣にあるということを忘れてはいけません。

テーマ : 海外ニュース
ジャンル : ニュース

tag : 支那 チベット 侵略

プロフィール

はりこのとら

Author:はりこのとら
中身スカスカ?な張り子ですが、スカスカに見えるその中身は、たぶん大和心で満たされているはず。

月別アーカイブ
最新記事
お気に入り書籍
カテゴリ
やまと新聞を応援

最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
ベストセラー
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。