スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

習志野駐屯地 第一空挺団の降下訓練始め

1月8日に、降下訓練始めに行って来ました。
演習場へは9時過ぎに到着したのですが、既に入り口は混雑気味になっていて、駐車場には何十台も駐車されています。
駐車場

訓練展示場へは10分程度歩けば歩いていく事もできるのですが、駐車場付近からシャトルバスが運行されていて、手荷物検査後に乗ることができます。

シャトルバス待ちの人も結構いるので、私達は歩く事にしました。
この日、通常のバス以外にも、夏祭りで乗車体験出来る、高機動車がシャトルとして使用されていました。
装甲車

ペトリオット

化学防護車

観覧場所に近づくと、兵器展示や自衛隊広報のテント、それに屋台が並び、寒風の中、定番の焼きソバや暖かい汁物、自衛隊グッズ等が販売されています。
観覧場所では、まだ9時半だというのに、既に多数の見物客が陣取っていて、中には、すごい望遠のついたカメラを構える人たちもいました。
開始前

私達も、一段高くなっている場所を選んで確保し、暖かいものをいただきながら、時間を待ちました。
待っている間は、オーロラビジョンで自衛隊の広報映像が流れていましたが、私のいる場所からでは良く見えませんでした。
大臣到着

11時になると、西の方角から輸送ヘリが飛来して、市川防衛大臣等が到着して、展示が開始されました。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 行ってきました☆
ジャンル : ブログ

tag : 自衛隊 習志野駐屯地

平成23年習志野駐屯地夏祭り

 八月六日、七日に、習志野の駐屯地で行われた、夏祭りへ行ってきました。
 六日の午後の三時頃に、子供たちを連れて到着。昨年行ったときは、駐車場の場所が分からず、門の前まで行ってしまったのですが、今年は迷い無く演習場側に向かい、そこで車を停めて基地内へ移動です。

 基地入り口は昨年と同様、簡単な手荷物チェックを受けます。
 中の催し物も、昨年とほぼ同じでした。
 習志野基地のシンボルである、降下訓練棟が建つ広場には、訓練棟下北側にステージが設置され、芸能人を呼んでの催し物が開催されていました。
西側撮影

 このステージを中心に、北側は招待客用の休憩所と部隊別による見世物を披露する広場が設置され、北東側は、から揚げやゲームなどの屋台が十程立ち並び、東側は「ちびっ子広場」に「落下傘装着体験」の催し物、東から南東にかけて部隊の方の休憩所として、テントが並んでいました。
 そして南側は七つくらいの屋台、道を挟んで「ちびっ子レンジャーアスレチック」が用意され、南西側は相撲場が設置、その道路を挟んだ向こう側には、小型装甲車と高機動車の「乗車体験」があり、西側から北西側にかけて、たくさんの屋台が立ち並ぶ、屋台スペースになっていました。
 そして、北西方向の道を挟んだ向こう側には、今回の震災で活動された、自衛隊の方々の「写真展示」と、福島県の物産販売ブースが設置されていました。
 「お化け屋敷」も健在で、北側にある建物の向こう側(正門から入って建物に突き当たる手前の左側)に大きなテントを設営して、催されていました。
 さらにこれらの催し物を回ると景品がもらえる「スタンプラリー」もありました。
北側撮影

 最初に「お化け屋敷」でスタンプラリーの用紙をもらい、「入る?どうする?」と聞くと「止めとく」との返事。まあ、仕方ないので、スタンプだけもらいました。
 昨年はゆっくり回っていたので、「乗車体験」の時間に間に合わず断念した事から、最初に向かおうということになり、その途中で「写真展示」が目に入ったので、現地の惨状と、自衛官の方々の活躍を見させて頂きました。 自衛官の方々、本当にありがとうございます
 自衛官の方々の活躍によって、だいぶ片付けが進んでいる所もあるようですが、五ヶ月が過ぎた今も手付かずの場所があるということなので、政府の駄目さ加減には本当に眩暈がします。
北東側撮影

 さて、「乗車体験」に向かうと、既に小型装甲車の方は人が一杯ということだったので、息子が「じゃあ、高機動車に乗ろう」との事。待つのが嫌、というより、早くアスレチックとかに行きたかったみたいです。
 思ったより天井は低く(車高は高い)、当たり前だけど、乗り心地もそれほどいいものではありません。けど、三周ほどコースを回ってくれました。息子は助手席に座れて満足していました。

 そしてアスレチックへ。時間の関係なのか、昨年より少なく感じました。しかし、ところどころ待つので、大人の方が待ちくたびれます。
 次に「落下傘装着体験」。子供向けにも軽い装備が用意されています。昨年は結構待っていたので、見るだけだったのですが、今年は空いていたので、私も体験させてもらいました。
 後ろにリュック型の落下傘を背負い、前に補助落下傘を付けると、30キロ近くになるそうです。
ここでは、手持ちのカメラを持っていれば、隊員さんが撮影してくれます。
訓練棟

 その後はのんびりと屋台を回りながら、残りのスタンプを押して回りました。
 屋台は、焼きソバやお好み焼き、から揚げ、カキ氷、フランクフルトなど、縁日で出ているような店が立ち並んでいます。「佐世保バーガー」も出てました。
 それから、射的にヨーヨー釣り、金魚すくい、自衛隊グッズなどなど。色々あるので、長時間いても楽しめます。

 午後六時頃からは、降下訓練棟の北側に設営された広場で、部隊対抗の踊りが四、五組披露され、耳目を集めます。
 この踊りは審査され、優秀な部隊の三組が、翌日の七日も披露されます。

 力強い、男性チアリーディングを披露するチームや、まわし一つで演歌に合わせて傘踊りを披露するチーム、中には女装して「気持ちわるーい」という声があがる奇抜なチームもありましたが、どの部隊も元気いっぱいの踊りを披露してくれました。
相撲部隊

 踊りの後は、ラッパ隊による演奏が披露され、花火大会へと以降するのですが、帰りの混雑を予想して、ラッパ隊の演奏を聴いて後にしました。
 時刻は七時を過ぎていたのですが、まだ、ずいぶんの人が正門から入ってきており、駐車場も昨年より多くの車が入っていて、震災後の自衛隊に対する関心の高さを感じました。


 この日は旧暦の七夕にあたり、空は曇り気味でしたが、七夕にふさわしい、上弦の月が空に輝いていました。

ラッパ隊

tag : 習志野 夏祭り

今更、こんな記事で

存在感を高める自衛隊-震災危機で
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110404-00000001-wsj-int
 がれきが散乱する陸前高田市では現在、迷彩服にOD(オリーブドラブ)色のヘルメット姿の自衛隊員数十人が、今回の地震と津波による犠牲者の捜索にあ たっている。沖合では自衛隊のヘリコプターが空から海上の遺体捜索を行う一方、付近の各避難所では、自衛隊員が給水活動や、被災者の衣服の洗濯まで行って いる。

 こうした活動は、24万人の自衛隊員のうち約10万6000人が救援活動に従事する戦後最大規模の自衛隊任務の一環だ。

 自衛隊はいま、正念場を迎えている。自衛隊が一層目立った国際的役割を見据えるなか、今回の任務が成功とみなされれば(これまでのところ、おおかた 成功とみなされているが)、自衛隊の活動活発化を受け入れる素地の拡大につながりうる。逆に、復興の遅れやその他の諸問題により任務が不調に終われば、自衛隊の評判を落とすことになりかねない。(Yahooニュースより)


 ウォールストリートジャーナルの記事なので、内容自体は、話半分でみないといけない。
 しかし、日本語で流れている事を考えると、これを鵜呑みにする人も出てくると思うので、少し反論しておきたい。

 まず、全体(上記は一部)を読めば、極めて左翼思想に侵された文面だと理解した上で読み進めてもらいたい。

>自衛隊の活動活発化を受け入れる素地の拡大につながりうる。逆に、復興の遅れやその他の諸問題により任務が不調に終われば、自衛隊の評判を落とすことになりかねない
 自衛隊が活躍すれば、都合が悪いようです。日本の為、精一杯頑張っていただいている姿を見て、これまでの自衛隊(軍隊)に対しての考え方が間違っていた事に気付いた国民は多い事でしょう。

続きを読む

テーマ : 海外ニュース
ジャンル : ニュース

tag : 自衛隊 戦後教育 左翼 自虐史観

習志野駐屯地 夏祭りへ行ってきました。

ヘリと訓練塔
毎年2日間に渡って開催される、自衛隊、習志野駐屯地の夏祭りに、8日の午後、行ってきました。

千葉市内から、高速を使って約40分。幸い、軽く混雑するくらいで到着。
当然ながら、駐屯地前には衛兵が立っています。しかし、ここへは直接乗り入れ出来ないらしく、演習場へ行くように、説明を受けました。

演習場までは5~600m位でしょうか。
ここで、自衛官の誘導を受けて、駐車しました。敷地は広いので、車でも安心です。

駐屯地へ入ると、手荷物検査があります。それほど、厳重に見るわけでもありませんが、まあこれは当然ですね。
さらに進むと、案内図が立て掛けてあり、夏祭りのスケジュールも一緒に置いてありました。

続きを読む

テーマ : いってきました^^
ジャンル : ブログ

プロフィール

はりこのとら

Author:はりこのとら
中身スカスカ?な張り子ですが、スカスカに見えるその中身は、たぶん大和心で満たされているはず。

月別アーカイブ
最新記事
お気に入り書籍
カテゴリ
やまと新聞を応援

最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
ベストセラー
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。