FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一色正春氏の講演会に参加 その四

質疑応答は以下の通りでした。

Q.コンピュータの情報管理はどうなっているのか。情報が外部に出せるのは問題ではないか?

A.(撮影した映像は)秘密の情報でも何でもない。一定期間後に取り扱い注意の連絡はくるが、多くの職員が見れる研修資料。


Q.流出したビデオは一部だが、保安官が銛で突かれたという話を聞いた。これは本当か?

A.国会で見たという16時間版には無かったと思う。ただ、対馬では過去に、海に落とされたというような事例はあったが、死者は出ていない。


Q.sengoku38の意味は?

A.その質問にはお答えしません。(苦笑)


Q.日本を護る為に、(一色氏は)最前線でやってくれるのか?

A.口下手で、ガラではないが、出来る限り答えていくつもり。


Q.高岡蒼甫氏が韓流批判発言で所属事務所を辞めさせられたり、田母神元航空幕僚長のお宅か泥棒に侵入されたりした事があったが、こういった活動を通じて、何か危険を感じた事はあるか?

A.東京駅で声をかけられ、一瞬身構えた事はあったが、支援者の方だった(笑)。今のところ、そのような事は無い。

 以上で、講演は終了しました。
 一色氏は確かに口下手なようでしたが、実際に行動された方の言葉には重みがありました。
 我々も、この事件を絶対に忘れてはいけないと思います。
 先日、鬱陵島の独島(韓国名、日本名:竹島)記念館訪問に対し、大変に失礼なというより、国の対応としては目を疑うような事態になりましたが、侵略を黙っているということは、尖閣がああなるという事であり、わが国も一主権国である限り、情けない対応をしてはならないと感じました。

 予断ですが、今回の地震で被災された場所に、支援物資を運ぶお手伝いもされて映像が、チャンネル桜で流れていました。

 今回の講演の内容は、自身の著書である「何かのために sengoku38の告白」に収められている話です。
 私もこれを機会に購入しましたが、わが国の取り巻いている状況が良く分かり、また流出当時の、緊迫した状況を自身の言葉で書かれていて、一気に読み終えました。
 この著書を読む事で、「誰かがやってくれるだろう」と待っていては何も変わらないのだと感じた次第です。

何かのために sengoku38の告白
何かのために sengoku38の告白

そして、以下に流出映像を貼り付けておきます。(新しいウィンドウが開きます)
尖閣ビデオ 自民党が公開 44分版 No.1
http://youtu.be/ZCSqZ2tK2xQ

尖閣ビデオ 自民党が公開 44分版 No.2
http://youtu.be/IU_aXcmV-lQ

尖閣ビデオ 自民党が公開 44分版 No.3
http://youtu.be/lTguzW2FzaY

尖閣ビデオ 自民党が公開 44分版 No.4
http://youtu.be/kbTHgsSOsoM
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

はりこのとら

Author:はりこのとら
中身スカスカ?な張り子ですが、スカスカに見えるその中身は、たぶん大和心で満たされているはず。

月別アーカイブ
最新記事
お気に入り書籍
カテゴリ
やまと新聞を応援

最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
ベストセラー
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。