スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダショー西岡の話を学校に送ってみた その2

先生への手紙を書き終わり、ブログから話を印刷して準備していたところ、我が家のカミサンから、クレームがついてしまいました。
「これ、ちょっと長いんじゃない?」

印刷すると6枚になった「ダショー西岡」の話は、先生に負担じゃないかというわけです。
誤解の無いように言っておくと、カミサンは愛国者です。
話の素晴らしさは理解しているし、こういった事にも賛成なんですが、こういうところは冷静でした。

私にしてみれば、原文のまま読んで欲しかったですが、
「今の先生は忙しいから、長いと面倒くさがると思うよ」
だそうです。
確かに、読んでもらわなければ意味が無いので、ここは素直に聞きました。

なんとか編集し直して、半分の3頁に収め、さらに3年生と5年生とで理解力が違うだろうからと、言葉にも気をつけての作業です。
文章の組みかえって、なかなか大変なものですね。
仕事から帰ってきての作業で、3日かけてしまいました。

これで読んでもらえなかったら悲しいものがあるけど、その時は仕方ありません。
何もしないで後悔するより、行動すれば、なにかしら反応はあるだろう、という思いで封筒を子供達に託しました。

本当に反応があればいいのですが。
(続く)
関連記事
スポンサーサイト

tag : 学校教育 ダショー西岡

コメント

Secret

プロフィール

はりこのとら

Author:はりこのとら
中身スカスカ?な張り子ですが、スカスカに見えるその中身は、たぶん大和心で満たされているはず。

月別アーカイブ
最新記事
お気に入り書籍
カテゴリ
やまと新聞を応援

最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
ベストセラー
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。