スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遅れ馳せながら、新年の挨拶

新年の喜びを、謹んで申し上げます。

昨年は、地震、津波、大雨といった自然災害によって、多くの被害が忘れられない年となりました。
自然の力を過小に見ていたとは思いませんが、何でも便利になった世の中で、私も含め、心の隙が出来ていた事は否定できないと思います。

その中で、被災者同士や支援者との絆を深め、規律正しい日本人としての性質が大いに発揮、再確認できた事は、これからの復興に望みを持たせる救いであったと思います。

しかしながら、政府が成すべき復興への道筋は未だに立たず、マスコミはアリバイ的に震災番組を組むだけで、まるで過ぎ去った日々のように流し、現状を正しく伝える役割は果たしていないように感じます。

元旦には広範囲にかけて揺れましたが、まるで昨年犠牲になられた方々の「忘れないでくれ」という想いが、地震という形で私達に語りかけていたのではと感じたのは、私だけではないと思います。

私達は戦後、あたかも「考えなければ脅威は無い」かのごとく、脅威について考えない教育されてきました。
新たな年を迎え、あらゆる自然災害、戦争を含めた人災について考えられるよう、またそうした変化の中で、日本が鯉から龍へと変わる年になればと願います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

はりこのとら

Author:はりこのとら
中身スカスカ?な張り子ですが、スカスカに見えるその中身は、たぶん大和心で満たされているはず。

月別アーカイブ
最新記事
お気に入り書籍
カテゴリ
やまと新聞を応援

最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
ベストセラー
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。