スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校への要求は容認されないのか

Yahooニュースに、次のニュースが出ていました。

保護者5人に1人 学校へ苦情や要求(Yahooニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100705-00000042-san-soci

 小中学生の保護者の5人に1人が学校に苦情や要望を申し立てた経験があることが、日大の佐藤晴雄教授の研究室の調査報告書で分かった。理不尽な要求をする「モンスターペアレント」が社会問題化しているが、「クラス替え」「卒業アルバムの作り直し」といった要求は、授業参観など学校行事にあまり参加しない親から多いことが分かり、佐藤教授は「保護者に学校に来て理解を深めてもらう方が問題解決につながる」と話している。(植木裕香子)
■「クラス替え」「アルバム作り直し」…来ない親ほど理不尽

 調査は昨年12月下旬から今年1月末に、東京、神奈川などの小中学校計13校に在籍する児童・生徒の保護者2380人に調査を依頼。このうち1752人から回答を得た。

 その結果、これまでに学校に苦情などを申し出たことがある保護者は全体の21・6%に上った。苦情・要望の内容は「先生の指導全般について」が断トツ(23%)。教師の指導に口を出す保護者が増えている最近の傾向が表れた。

 一方、調査では、苦情・要望を申し立てたことのある保護者の意識を調べるため、「わが子と不仲な子供が同じクラスになったのでクラス替えしてほしい」「わが子の写真が一枚もないのでアルバムを作り直してほしい」といった“極端”な要求について、どのように思うかを質問。

 こうした“極端”な要求を「当然」と考える割合が多いのは「あまり学校に行かない」という保護者で、「学校によく行く」という保護者は、こうした要求に否定的な傾向が強かった。

 佐藤教授は「保護者ごとにさまざまな事情があるが、学校を頻繁に訪れ、教師とコミュニケーションをとるほうが、学校に対する理解が深まって当事者意識を持つようになり、極端な苦情や要望をしなくなるのではないか」と分析する。

 学校に自己中心的な要求を繰り返すモンスターペアレントについては、現場の教師の大きな負担になっており、文部科学省も危機感を強めている。現在議論が進められている少人数学級も、モンスターペアレントに対応する教師の負担を軽減することが目的の一つだ。

 モンスターペアレントは教育への悪影響も指摘される。久米井孝夫・大阪市PTA協議会長は「先生を先生とも思わない態度をとる保護者もいる。そういう態度に影響を受けた子供たちは、先生の指導を聞かなくなる」と指摘する。

 しかし、モンスターペアレントになるかならないかは保護者自身の意識の問題だけに、問題解決は難しい。久米井会長は「こうした保護者には、PTAの活動に加わってもらうことが大事だと思う。不思議と、身勝手な文句を言うことがなくなる。先生とふれあったり、ほかの保護者と話したりすることで、相手の立場を理解し、身勝手な見方をしなくなるのではないか」と話している。
(引用終わり)

さて、記事の元は、産経新聞のようですが、一見、学校に意見を言う親→モンスターペアレント→理不尽な要求→学校に参画しない親という印象を受けます
しかし、「先生の指導全般について」の意見を述べた保護者と、”一方、調査では”より以下の文章には繋がりがなく、調査内容も、極端な例を取り上げています。

記事の前半部分を再度ご覧ください。

 調査は昨年12月下旬から今年1月末に、東京、神奈川などの小中学校計13校に在籍する児童・生徒の保護者2380人に調査を依頼。このうち1752人から回答を得た。

 その結果、これまでに学校に苦情などを申し出たことがある保護者は全体の21・6%に上った。苦情・要望の内容は「先生の指導全般について」が断トツ(23%)。教師の指導に口を出す保護者が増えている最近の傾向が表れた。



教師に口を出す保護者が増えている原因は何処にあるのでしょうか?
本来なら、「先生の指導全般について」の苦情、要望についての内容を吟味しなければなりません。
先生の指導不足に端を発する苦情もあるのでは無いでしょうか?

我が家にも子供2人がおり、学校行事にも参加していますが、それでも、指導について要望を述べることがあります。
・授業中に席を立つ、喋っている生徒に対して、注意が不十分。
・授業で習っているはずの内容を子供が理解出来ていないのに、先へ進んでいる。など
今や、日教組の「ゆとり教育」のおかげで、義務教育では十分な学力を得られず、小学生でも塾が当たり前の世の中になっています。多くの親は、学校の指導力不足に不安があるにも関わらず、それを要望しないのは、こういった印象操作によって、批判されることを回避したいからのでは?

義務教育は、国の繁栄の為に行うものですから、塾など行かずとも、その年齢にあった十分な教育を施さなければなりません。
自らを労働者だと主張し、子供達に自虐史観を植えつけ、馬鹿な子供を量産する日教組は日本からいらない!

教師は自らを聖人と自覚し、崇高な理念によって子供達を導いてくれ。

あ、もちろん、極端な例にあるような事例を要求する親はモンペでOKです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 子育て・教育
ジャンル : 学校・教育

コメント

Secret

プロフィール

はりこのとら

Author:はりこのとら
中身スカスカ?な張り子ですが、スカスカに見えるその中身は、たぶん大和心で満たされているはず。

月別アーカイブ
最新記事
お気に入り書籍
カテゴリ
やまと新聞を応援

最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
ベストセラー
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。