スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

靖国神社へ参拝

神社前

昨日12日、子供達を連れて、九段下にある靖国神社へ参拝に行ってきました。
15日を前に、靖国境内は訪れる人もまばらで、また天気も、台風の影響により風は強かったですが、雲が多く日差しが避けられたので、子連れにはちょうど良い感じでした。
子供達を靖国神社へ連れてくるようになって、3年目になります。
初めて連れてきた時は15日で、人の込み具合もひどく、大人でさえも強い日差しで大変なところ、子供の体力ではちょっと可愛そうなおもいをさせました。
さすがに昨年から日をずらし、15日にこだわらずに連れてきています。

1鳥居から
一の鳥居を過ぎると、拝殿までまっすぐに参道が続いています。二の鳥居との間には、大村益次郎像がそびえ、氏の威徳を称える碑文が刻まれています。

大村益次郎像前から

大村益次郎像を過ぎると、二の鳥居が見えてきます。
鳥居の前は道路で一旦区切られていて、その手前右手に外苑休憩所、左手には駐車場売店があります。
この外苑休憩所で昼食がてらラーメンを食べましたが、なかなかいけました。私は化学調味料が入ってとピリピリと舌が痛くなるのですが、そういうこともなく、麺は細麺でスープをしっかりと絡めてくれます。
ちょっと人相の怖そうなお兄さん達もここで昼食をとっていましたw

2鳥居から
2の鳥居をくぐると、神門へ。ここまでくると拝殿が拝めます。
神門ではお辞儀をしてくぐると良いでしょう。

拝殿前
中門前で記念撮影。中門をくぐれば、そこは聖域です。帽子を脱ぎ、撮影等は慎んだ方がいいかと思います。
皇族の方への下乗を促す看板が右手に掛かっていました。

親子4人で拝殿前へ行き、お賽銭投入後、ニ礼二拍手の後合掌、そして一礼して退出。
その時、「靖国」の腕章を巻いた方が近づいてきて、なんと「結構なお作法でございました」と声を掛けられました。(ー)
他にわざわざ声を掛けられている人もいないようで、普通に参拝をしただけなのですが、家族全員だったのが目立ったのかな?ちょっとびっくりしましたが、嬉しかったです。

中門右手におみくじやお守り、国旗を売っている売店があり、ここではお守りを購入しました。
そして遊就館へ。
遊就館入り口右手には、15日に向けて、奉賛会入会手続き用に、テントが設営されていました。

零戦
遊就館1階は売店の他、零戦や機関車、迫撃砲が展示されています。
ここは無料で入れますが、展示資料を観覧するには入場料が必要です。
夏休み一杯まで、小学生は無料になっています。

中世以降の武士、兵士の装備や、主に近代戦争の資料が展示されています。
とくに戦争への賛美を意図して展示されたものは無く、事実を継承していく趣旨が感じられます。
後半は大東亜戦争で亡くなられた英霊の遺影や、遺書など、何度も足を運んでじっくり拝見したいものばかりです。
常設展示以外にも、特別展示や映画上映も行っていて、オリジナル作品の「みたまを継ぐもの」や、日本が降服直前にロシアが参戦し、樺太で命を絶った電話交換士達の悲運を描いた「氷雪の門」を上映していました。

子連れということもあり、じっくりと拝観していられませんでしたが、何度見ても平和というのは尊いものだと、この壊れやすい平和を維持するには、いつでも戦えるようにしなければならいのだと感じさせられました。


靖国神社HP

樺太1945年夏 氷雪の門


当ブログでは、「やまと新聞」を応援しています。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 行ってきました☆
ジャンル : ブログ

コメント

Secret

プロフィール

はりこのとら

Author:はりこのとら
中身スカスカ?な張り子ですが、スカスカに見えるその中身は、たぶん大和心で満たされているはず。

月別アーカイブ
最新記事
お気に入り書籍
カテゴリ
やまと新聞を応援

最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
ベストセラー
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。