スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真の日韓友好を遂げるには真実を知ること

日韓併合 在特会
日比谷公会堂で本日行われた、在日特権を許さない市民の会主催の「日韓併合百周年記念事業 国民大集会」へ参加してきました。

第一部は、桜井会長の基調講演に始まり、村田春樹氏(外国人参政権を許さない市民の会)の、「韓国反日妄想記念館を哂う」で、韓国の反日蝋人形記念館「西大門刑務所」の妄想や、「独立記念館」の妄想を、事実を交えながら、面白可笑しく解説されました。
しかし、哂ってばかりもいられないのが、日本の高校生が修学旅行で、この記念館を見学し、大日本帝国の犠牲者と称する韓国人に謝罪をしているという事実でしょう。
何も知らない学生を、このような反日施設で洗脳されてはたまりません。
独立記念館については、本当に独立運動をしていた韓国人を、英雄視していないという話もされていました。なぜなら、彼らは一度捕まった時、大韓帝国時代の刑罰に比べ、あまりにも日本の刑罰が人道的であった為に、親日派に転向したからというものでした。

第二部は日韓併合の真実を題材にした、アニメーションを上映する予定でしたが、京都府警が在特会関係者を逮捕した際に、アニメデータを保存しておいたパソコンも押収されたたということで、今回の上映は出来なくなったという謝罪の言葉に代わってしまいました。
しかし、音声の一部公開や、今年度末までには、さらにパワーアップさせて完成させるという意志表明、それに監督の朴氏や制作者、広報責任者によるトークショーもあり、会場は盛り上がりました。

第三部は西村幸祐氏、田中秀雄氏、平田文昭氏三者による公開討論が行われました。
やはり、この日にこのテーマということもあるのか、なかなか熱い話をされていました。
韓国人でも、日本の教育を受けた世代は、日本を評価する親日派が多く存在する事や、日教組と同じような組織が韓国にも存在し、教育を歪めているという事、川崎の在日朝鮮人自身が聞き取り調査した証言の中に、「川崎の駅前商店街は、戦後の焼け野原の時に、不法占拠した」内容が残されている事、歴史認識云々以前に、先人の当時の決断において行われた事を、謝罪する必要は無いなど、価値ある対話が進められました。
時間もあっという間に無くなってしまい、欲求不満なところもありますが、とにかく、真実を知る我々が、率先して情報を発信していく事を通じて、自虐思考から目覚める人を増やし、日本を強くしなければならない、といったまとめになりました。

最後に、副会長の八木氏が、「日韓併合百年に関する声明」を読み上げ、採択し、終了となりました。

今回の様子は、動画にアップするでしょうから、詳細はそちらをお待ちください。

アニメ上映はなりませんでしたが、完成の暁には、各支部に呼び掛けて上映を行うようなので、楽しみに待ちたいと思います。

在日特権を許さない市民の会

やはり、いつまでも謝罪外交していては、国益を損なうばかりです。
我々に増税しながら、他国へ必要の無い保証金を出そうとする、そんなおかしな政治を、日本人の手に取り戻しましょう。

以下は、やまと新聞から、21日に行われた、謝罪外交に反対する集会の模様です。

謝罪外交に断固反対する集会


8月10日は「やまと新聞の日」
当ブログでは、「やまと新聞」を応援しています。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 行ってきました☆
ジャンル : ブログ

コメント

Secret

プロフィール

はりこのとら

Author:はりこのとら
中身スカスカ?な張り子ですが、スカスカに見えるその中身は、たぶん大和心で満たされているはず。

月別アーカイブ
最新記事
お気に入り書籍
カテゴリ
やまと新聞を応援

最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
ベストセラー
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。