FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

支那へ属国という現実が目の前に

d0026063_7582326.jpg

支那が尖閣諸島の領有を主張し、沖縄までも自国領だと主張していますが、その先には、一体なにがあるのでしょう。
支那では、毎年多くの軍事費を計上していることは、もはや広く知られているところですが、その軍事力をもって、太平洋の覇権を狙っています。
上記の地図を見ても分かるように、支那が太平洋へ出るには、どうしても沖縄や日本が邪魔な位置にあります。

そこで、後顧の憂いを絶つためにも、沖縄を自国領に、本土へは、最低限、軍圧力をかけられるようにしています。
つまり日本の海域を調査し、いつでも日本を攻撃出来るようにしているのです。
ほんらい、自国の海域へ侵入した他国の軍は、即撃沈しなければなりません。海底調査をされようものなら、有事の際に、いたるところから敵国の潜水艦が攻撃を仕掛けてくる事になるからです。

我が国政府の、あまりの無能さに、米国から心配されています。

アーミテージ氏「中国は日本を試している」 仙谷官房長官に指摘2010.9.16 00:37
 ブッシュ米政権で国務副長官を務め、知日派で知られるアーミテージ氏が15日、仙谷由人官房長官と首相官邸で会談し、沖縄・尖閣諸島付近で起きた海上保安庁巡視船と中国漁船の衝突事件を受け、「中国は尖閣諸島で日本を試している」と指摘した。

 また、アーミテージ氏は中国の東シナ海での活動活発化について「西沙、南沙両諸島の領有権問題でベトナム、マレーシア、フィリピン、台湾に警告する意味合いも強いのではないか」と分析した。

 会談後、仙谷氏は記者会見で「中国の海洋に対する進出意欲が見られる中、戦略的にどう考えればいいかを話した」と述べた。

 また、仙谷氏は米軍普天間飛行場(沖縄県宜(ぎ)野(の)湾(わん)市)移設問題の1年間の成果を問われ、「大変難しい話だ。答える能力も資格もない」と返答に窮した。



答える能力も資格も無いと自覚しているのなら、仙石官房長官は、即刻退陣するべきではないでしょうか。
沖縄の一部の人間の感情、いや、左翼の戯言より、日本国全体の安全を考えるなら、今は米国を追い出すべきではないと発言するのが妥当だと思います。

民主党は、沖縄を半独立させ、一国二制度にしようと、政策インデックスに掲げていましたが、これはまるで、中国民間保釣連合会の「琉球復國運動」と同じ構想なのです。


当ブログでは、「やまと新聞」を応援しています。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : それでいいのか日本国民
ジャンル : 政治・経済

コメント

Secret

プロフィール

はりこのとら

Author:はりこのとら
中身スカスカ?な張り子ですが、スカスカに見えるその中身は、たぶん大和心で満たされているはず。

月別アーカイブ
最新記事
お気に入り書籍
カテゴリ
やまと新聞を応援

最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
ベストセラー
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。