スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり、1番を目指さなきゃ

20100614025514cfb.jpg

「小惑星探査機 はやぶさの大冒険 」著:山根一眞
七年間にわたる「はやぶさ」チームの熱意と感動の全ドキュメントがこの一冊に!
世界が絶賛、これぞ日本の技術力。
やっぱり「2番」じゃダメなんです!

2010年6月13日大気圏突入(画像説明)

電車に載ってて、目に付きました。この広告。
事業仕分けでレンホー氏が、「2番じゃ駄目なんですか?」と言っていたのにかけているんですね。
是非、小沢氏にも言ってほしいものです。

それはさておき、日本の宇宙開発技術において、大きな貢献をした小惑星探査機「はやばさ」。イオンエンジンの実用化、自立型コンピュータによる単独着陸、いやいや、3億キロもの長旅の末、小さな惑星に無事たどり着いた事が既に快挙でしょう。
さらに、満身創痍の中での帰還、資料カプセルの回収と、これまでにない、すばらしい成果ではないでしょうか。

民主党は、この「はやぶさ」が帰還する前、事業仕分けで次期探査機開発の資金を削り、断念せざる得ない状況でしたが、帰還して世間の反応を見た途端、予算が組まれる事になりました。これだけでも、政策を戦略的に見ることが出来ていないと言う事がわかります。

以下の動画は、「はやぶさ」の奇跡を描いたもので、4つはJAXAが帰還前に作成したもの、5つめはJAXAではありませんが、帰還後のものです。











「たかが機械」そう言われたら、返す言葉もないですが、私はこの動画を見て感動しました。
そこには、どんな苦難にも諦めず、使命を全うして、果てるときには、潔くその身を犠牲にするという姿に、武士道をみるからでしょうか。

産経新聞では、宇宙航空研究開発機構の、川口教授のインタビュー記事が掲載されていました。一部を抜粋します。



【話の肖像画】はやぶさの挑戦(上)根性で「はやぶさ」成功

--成功の理由は「技術より根性」とか

 川口 技術はもちろん大事ですが、長い飛行なので根性というか、まあ意地と忍耐なんだと思いますね。(はやぶさは)そんなに簡単に動いてくれないし、事態も好転しない。

--つらい思いとは

 川口 火星探査機「のぞみ」(1998年打ち上げ。機体の故障で火星周回軌道への投入を断念。川口さんは軌道計画などを担当した)なんかそうです。われわれはものすごい苦労をしたが最終的に実を結ばず、とても耐え難い経験だった。

--はやぶさの場合、ゴールは地球への帰還ですね

 川口 地球に戻らなければ、それまでどんな苦労を重ねていようが国民からは理解されずに終わる。関係者の中ではノウハウとして残りますが、それ以外から見ると結局は失敗でしたね、ということになってしまう。そういう恐ろしさがある。


【話の肖像画】はやぶさの挑戦(中)木星探査機にあこがれた青春時代

(中学の頃の、パイオニア(木星探査機)に惹かれたことについて)
--どうしてですか

 川口 何が一番すごいって、木星から土星に飛べるのが驚きだった。精密な軌道制御などにすごく興味を持ち、この方面に進むきっかけになった。ただ、高校の時はパイオニアが飛んだからって、自分に何ができるというわけではないですよね。実際に気がつくのは大学に入ってからで、(米国の火星探査機)バイキングもあらゆることが素晴らしかった。自動制御や着陸などは私のライフワークそのものかもしれません。

 --自らもそういうことをしてみたいと

 川口 日本では(初の人工衛星)おおすみが上がったばかりで、その前は失敗だらけ。片やパイオニアが木星から土星に飛び、世界レベルとのギャップは甚だしかった。


【話の肖像画】はやぶさの挑戦(下)自分の国を誇れる心の豊かさを

 --小惑星探査機「はやぶさ」の計画立ち上げについて教えてください

 川口 1993年ごろで、当時は自分でも相当無謀だと思いましたね。これは出さねばならないと思う一方、途方もなく大きなリスクですよ。それだけに「この計画が最有力」と言われたときは本当に驚いた。

 --世界初にこだわったのですね

 川口 アイデンティティーの発揮とはそういうこと。初物であることが大事。

 --日本では当たり前の宇宙開発ですが、一国でここまでレベルを高めた国はほとんどない

 川口 そうですね。日本国民であればこそ、こういった機会に触れられる。



是非、リンク先で御覧下さい。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : ブログ

コメント

Secret

プロフィール

はりこのとら

Author:はりこのとら
中身スカスカ?な張り子ですが、スカスカに見えるその中身は、たぶん大和心で満たされているはず。

月別アーカイブ
最新記事
お気に入り書籍
カテゴリ
やまと新聞を応援

最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
ベストセラー
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。