スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中秋の名月と惑星探査機「はやぶさ」

今夜は中秋の名月です。
関東の天気は、遅くなるほど雲が出てくるようですが、雲間から覗く月もまた趣きがあるというものです。
都会では空き地も減って、ススキが手に入りづらく、またビルの高層化、夜も街頭やネオンによって月を愛でるという風習も廃れつつあるのかもしれませんね。

ところで、6月には小惑星探査機「はやぶさ」の帰還が話題になりましたが、大気圏突入時の明るさが、中秋の名月の明るさに近かったという話題が出ています。

最後の輝きは満月級「はやぶさ」カプセルは金星並み2010.9.22 04:00

6月13日に地球に帰還した小惑星探査機「はやぶさ」が大気圏突入後に燃え尽きる際、満月に匹敵する明るさで輝いていたことが、国立天文台などの分析で分かった。はやぶさから分離されたカプセルも、金星並みの光を発したという。22日から金沢大学で開かれる日本天文学会で発表する。

 国立天文台は「はやぶさ観測隊」をオーストラリアに派遣。大気圏に突入したはやぶさを「人工の流れ星」として観測し、ビデオや観測データを天文学的視点で解析した。

 その結果、はやぶさの本体は大気圏突入後に分裂しながら複数回にわたって爆発的に明るくなり、最大発光時の明るさはマイナス12・3~マイナス13等となったことが判明した。

 この明るさは、満月(マイナス12・66等)級かそれ以上で、通常の観測限界を超えているため、デジタルカメラに写り込んだゴースト像から算出した。今夜(22日)の「中秋の名月」は、大気による減光を無視した場合で12・4等。はやぶさは名月よりも明るく輝いたことになる。

 一方、本体から分離されたカプセルはマイナス5等に達し、月以外の夜空の天体で最も明るい金星の最大光輝(マイナス4・7等級)を超える明るさだった。

 はやぶさのように素材や大きさが分かっている人工物の観測データは、隕(いん)石(せき)など通常の流星の組成や構造を解く鍵になるという。



ただ、探査機の大気圏突入というだけでなく、こういったものまで、データを蓄積して有効活用するというのは、何か「ありがたく頂戴する」日本文化の捕鯨と通じるものを感じさせます。

ちなみに、今は木星も夜空に輝いているのがよく見えます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

はりこのとら

Author:はりこのとら
中身スカスカ?な張り子ですが、スカスカに見えるその中身は、たぶん大和心で満たされているはず。

月別アーカイブ
最新記事
お気に入り書籍
カテゴリ
やまと新聞を応援

最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
ベストセラー
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。