スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今更、こんな記事で

存在感を高める自衛隊-震災危機で
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110404-00000001-wsj-int
 がれきが散乱する陸前高田市では現在、迷彩服にOD(オリーブドラブ)色のヘルメット姿の自衛隊員数十人が、今回の地震と津波による犠牲者の捜索にあ たっている。沖合では自衛隊のヘリコプターが空から海上の遺体捜索を行う一方、付近の各避難所では、自衛隊員が給水活動や、被災者の衣服の洗濯まで行って いる。

 こうした活動は、24万人の自衛隊員のうち約10万6000人が救援活動に従事する戦後最大規模の自衛隊任務の一環だ。

 自衛隊はいま、正念場を迎えている。自衛隊が一層目立った国際的役割を見据えるなか、今回の任務が成功とみなされれば(これまでのところ、おおかた 成功とみなされているが)、自衛隊の活動活発化を受け入れる素地の拡大につながりうる。逆に、復興の遅れやその他の諸問題により任務が不調に終われば、自衛隊の評判を落とすことになりかねない。(Yahooニュースより)


 ウォールストリートジャーナルの記事なので、内容自体は、話半分でみないといけない。
 しかし、日本語で流れている事を考えると、これを鵜呑みにする人も出てくると思うので、少し反論しておきたい。

 まず、全体(上記は一部)を読めば、極めて左翼思想に侵された文面だと理解した上で読み進めてもらいたい。

>自衛隊の活動活発化を受け入れる素地の拡大につながりうる。逆に、復興の遅れやその他の諸問題により任務が不調に終われば、自衛隊の評判を落とすことになりかねない
 自衛隊が活躍すれば、都合が悪いようです。日本の為、精一杯頑張っていただいている姿を見て、これまでの自衛隊(軍隊)に対しての考え方が間違っていた事に気付いた国民は多い事でしょう。

 第2次大戦後に設けられた自衛隊は、戦争を放棄する憲法によって、任務を厳しく制限されている。自衛隊員は、イラクでの学校建設をはじめ、いくつか の国際的任務に参加してきたとはいえ、その活動は自衛や災害救助に限定されており、日本国民の多くは、国内外での自衛隊の活動拡大を依然警戒している。


 自衛隊の活動に警戒しているのは、左翼だけで、多くの真実を知る国民は、歓迎しています。

 日本では軍隊に関する複雑な感情が根強いため、自衛隊員は制服姿で人前に出ることを控えてきた。政府は依然、「陸軍」や「海軍」といった用語の使用を避けている。防衛庁が防衛省に格上げになったのはつい4年前にすぎない。

 しかし、3月11日の地震と津波に伴い、自衛隊は、東北太平洋側沿岸部の大部分で主要災害対応機関として、いつになく人目に触れる役を割り当てられている。

テレビでは、制服姿の隊員ががれきを棒でかき分けて遺体捜索にあたる様子をはじめ、自衛隊の活躍ぶりが映し出されている。自衛隊のヘリコプターは福島第1原発への放水を支援し、隊員は避難所での補給物資管理を支援してきた。


 軍隊に関する複雑な感情が形成されたのは、GHQによる戦後教育のせいであり、独立しても後生大事に反日教育している。日教組を始めとする組織のせいです。

 普段は、「平等」「人権」と言っている人間が、自衛隊に対しては、その名誉を毀損し、不寛容な態度をとっています。

 政府筋は、自衛隊員を災害救援活動にあたらせることがそもそも妥当かどうかについて議論してきた。救援活動で隊員を手いっぱいにさせることは、潜在的に国を無防備状態にするおそれや、国防に必要な資源を使い果たしてしまうおそれがあるためだ。

 自衛隊はこれまで、日本が災害に見舞われるたびに存在感を高めてきた。1995年の阪神・淡路大震災の後、政府は、災害時に自衛隊がより迅速に出動できるよう、自衛隊を補強する措置をとり、自衛隊の信頼性を高めた。


 本来、自衛隊が出動する事態というのは、非常時なのだから、それを想定した国防計画を立てておかなければいけない。しかし、今回民主党が、「仕分け」と称して防災費・国防費を削るから、自衛隊が身を削って対応しなければならなくなってまいます。

 ここ最近、北朝鮮や中国がもたらす仮想脅威に対する懸念が高まるなか、自衛隊の役割をめぐる議論が活発化してきた。その一方で、米国は、アジアの安全保障維持への協力面の負担増を日本に求めてきた。

 しかし、アフガニスタンやイラクでの非戦闘任務面での米国支援をはじめ、日本が海外任務への自衛隊参加を拡大し始めるにつれ、とりわけ第2次大戦中に日本軍の侵攻を受けた近隣諸国では、日本の野心に対する警戒感も強まっている。


 まるっきり、自虐史観丸出しの文章ですが、北朝鮮や、支那(中国)の脅威は、仮想ではなく、現実です。北朝鮮には、もう何人も拉致されているし、ミサイルまで撃ってきている。支那は領土拡張の野心も隠さず、侵略してきています。ちなみに、韓国は竹島を侵略してるので、友好国ではありません。

 日本の侵攻を受けた近隣諸国が警戒してるって、朝鮮や支那でしょうか?それ以外で、警戒している国ってありますか?

 陸前高田市の高校生、タカハシ・ユウマさん(17)は、何人かの友人が自衛隊入隊を考えていると語る。タカハシさんは、「これまで、自衛隊は戦争のためだけにあると思っていたが、いまでは、自衛隊員は国民を助けるためにいるのだと分かった」と話している。


 かわいそうに、この学生は、偏った戦争感を教え込まれたようです。
 戦争は政治の一手段。国民を助ける手段の一つだと、誰か彼に教えてあげてください。


世界最強自衛隊の機能を凝縮ワンショルダーバッグ☆ブラック☆
世界最強自衛隊の機能を凝縮ワンショルダーバッグ☆ブラック☆
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 海外ニュース
ジャンル : ニュース

tag : 自衛隊 戦後教育 左翼 自虐史観

コメント

Secret

プロフィール

はりこのとら

Author:はりこのとら
中身スカスカ?な張り子ですが、スカスカに見えるその中身は、たぶん大和心で満たされているはず。

月別アーカイブ
最新記事
お気に入り書籍
カテゴリ
やまと新聞を応援

最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
ベストセラー
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。